消費者金融と
給与所得者等再生


小規模個人再生とともに、民事再生法に定める個人再生手続の1つである。給与所得者や自営業者などを対象。住宅ローンを除く借入債務の総額が 3,000万円以下で、給与または定期的な収入を得る見込みがあり、その額の変動の幅が小さいと見込まれることが要件である。マイホームを手放さずに済むというメリット。


キャッシング情報top